ゲームショップ



1 :極ゲー名無しさん:2018/09/13(木) 20:43:01.60 ID:bac2uSNn0
最近ではゲームのダウンロード販売が一般的になっていますが、以前はお店でパッケージソフトを買うのが主流でした。子どもにとっては「ゲームを買うこと」自体が特別なイベントでしたから、初日はすぐにゲームをプレイするのではなく、心躍らせながらいろいろな儀式をしたものです。今回はゲームを買った当日の思い出について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

●パッケージを飾って眺める

「ゲームを買って帰ったら、まず机にパッケージを飾って眺めるのがお約束だった。パッケージのイラストを見ていると、とても気分が盛り上がった」(栃木県・43歳男性)

「子どもの頃はゲームを買って帰っても、すぐにパッケージから出したりはせず、しばらくはパッケージそのものをしげしげと眺めて楽しんでいた。ゲームに対する期待感が高まっていく感じがした」(長崎県・40歳男性)

ファミコンやスーファミの頃は、ゲームを買ってもすぐに開封せずにパッケージを眺めて悦に入っていた子どももいました。パッケージにはイメージイラスト、タイトルロゴ、ゲームの内容など、いろいろな要素が盛り込まれています。たとえ簡単な説明文でも、読んでいると気分が高揚しましたね。


http://news.livedoor.com/article/detail/15293028/

 



移転先で続きを読む


今、最も注目されているゲームソフト・ハード