■名前:ライザリン・シュタウト

■年齢:不明

■身長:不明

■3サイズ:不明

■キャラデザイン:トリダモノ

■CV:のぐちゆり

ライザリン・シュタウトとは、『ライザのアトリエ』の主人公。愛称は「ライザ」。

面白いことを探している、平凡な少女。
厳しい母親のミオと畑仕事を生きがいにする父親カールと三人暮らし。
平凡で特徴がないのが特徴で、このままつまらない人生を送ることに漠然と不安を感じ、昔からの悪友たちと日々面白いことを求めてつるんでいる。奔放で男の子っぽいところもある性格で、正義感が強く、自分が正しいと思ったことは簡単には曲げない。
彼女の平凡な生活は、ある「出会い」によって、変化が訪れる。

(中略)

20年に渡るアトリエシリーズの最新作として注目を集めた本作だが、キャラクターデザインのトリダモノ氏が手掛ける、彼女の非常に肉感的なキャラデザもまた話題を呼んだ。特にホットパンツとブーツ(しかもつま先が露出している)の間に見える太ももに心を奪われた者が多かったらしく、「その太ももで錬金術は無理でしょ」など様々な迷言がTwitter上を飛び交った。

出典:ピクシブ百科事典



移転先で続きを読む