当ブログについて
ブログ名:究極ゲームまとめ
開設日:2009年1月20日


URL:
https://kyokugame.com/

RSS:
https://kyokugame.com/feed/

Twitter:@kyoku_game




2012年3月14日設置

最新コメント
ゲーム書籍・攻略本


新サイトに移転しました。お手数ですがブックマークの更新をお願いいたします。

移転先:「究極ゲームブログ」

PSP

ダンガンロンパ って割と面白かったよな

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
PSP ダンガンロンパ



1 :極ゲー名無しさん:2018/08/01(水) 15:21:46.31 ID:ENYjhMaK0

引き込まれる世界観ではあった






2 :極ゲー名無しさん:2018/08/01(水) 15:22:07.69 ID:oN3g30Hod

トリックに無理がありすぎる






4 :極ゲー名無しさん:2018/08/01(水) 15:22:19.21 ID:7Yy+341x0

2が至高






5 :極ゲー名無しさん:2018/08/01(水) 15:22:38.57 ID:ENYjhMaK0

変なアクション要素はいらんかった






続きを読む

ポポロクロイス物語とかいう神ゲーωωωωω

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
ポポロクロイス物語



1 :極ゲー名無しさん:2018/07/14(土) 20:37:23.31 ID:L2MtuUfwa

白騎士の強さに感動した思い出






2 :極ゲー名無しさん:2018/07/14(土) 20:37:48.98 ID:riEbPqaC0

ドラマチックアニメチックRPG






4 :極ゲー名無しさん:2018/07/14(土) 20:38:04.90 ID:2AS6t8Fc0

ソシャゲの方はどうなんや?






5 :極ゲー名無しさん:2018/07/14(土) 20:38:45.98 ID:dpb/8Fuya

ソシャゲはNG
PSで語れ






続きを読む

ダンガンロンパの思い出

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
ダンガンロンパ



1 :極ゲー名無しさん:2018/06/29(金)23:13:23 ID:cBX(主)

もう続編はでらんやろなあ






6 :極ゲー名無しさん:2018/06/29(金)23:16:14 ID:ebd

当時は推理やらキャラやら楽しめたが、今となっては罪のない高校生が死ぬような理不尽なゲームやと思う






3 :極ゲー名無しさん:2018/06/29(金)23:15:05 ID:SoQ

正直に言うと舞園さん死んだ時PSP壊したわ






4 :極ゲー名無しさん:2018/06/29(金)23:15:28 ID:0Kn

1だけだと色々説明不足だしボリュームも物足りないから1と2は続けてやった方がいいと思いました






続きを読む

【PSP】セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~ クリアレポート

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~



■基本情報

【製品名】 セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~
【対応機種】 PSP
【ジャンル】 青春-自己-探索-ミステリアス-認識-アドベンチャー
【発売日】 2010年7月29日(木)
【価格】 4,980円(税抜)
【CERO】 B(12歳以上対象)
【プレイ人数】 1人
【開発元】 テクスト。
【発売元】 日本一ソフトウェア
【公式サイト】 https://nippon1.jp/consumer/secondnovel/

【プレイ時間】 約26時間





このゲーム、PSstoreにてまとめ買いセール中だったので、『流行り神ポータブル』のついでに買いました。

流行り神シリーズ4本、本作1本の5本合計で3980円ですから、1本あたりおよそ800円で買えたことになります。

日本一ソフトウェアがまとめ買いセールとして売り出すソフトだから、よほど自信があったのでしょう。

それらしいノベルゲームを遊ぶのは割と久しぶりだったのですが、本作には既読スキップや、文字表示ウインドウの非表示などの便利機能が標準搭載されていた、その作りに好印象を抱きました。


ただ、ノベルゲームのキモはあくまでもシナリオです。

どんなにグラフィックや音楽などに力を割いても、肝心のシナリオがおろそか(もしくは陳腐)だと低評価に繋がるのは、近年発売された某ゲームが証明しています。

ましてノベルゲームには戦闘もアクションもないのですから、どうにかしてシナリオでプレイヤーを惹きつけないと、次回作への道筋(開発資金)は作れません。

そういう前提を踏まえた上で本作のクリアレポートを書きます。

続きを読む

【PSP】リゼルクロス クリアレポート

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
PSP リゼルクロス



■基本情報

【製品名】 リゼルクロス
【対応機種】 PSP
【ジャンル】 覚醒するRPG
【発売日】 2007年9月6日(木)
【価格】 4,743円(税抜)
【CERO】 A(全年齢対象)
【プレイ人数】 1人~2人(ゲームシェアリング時)
【発売元】 ソニー・コンピュータエンタテインメント(現・ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
【公式サイト】 http://www.jp.playstation.com/software/title/ucjs10023.html

【プレイ時間】 約28時間




このゲーム、非常にマイナーです。

YouTubeでPVを探しましたが見つからず、やむを得ずニコニコ動画にあった物を貼り付けていますが、通しでのプレイ動画は存在しません。

なぜかヒロインのリョナ動画だけは充実しているところに闇の深さを感じます。

とはいえ、このゲームは決してクソゲーやガッカリゲーの類ではない、と個人的に思います。

続きを読む

【PS1/ゲームアーカイブス】天地を喰らうII 赤壁の戦い ノーミスクリアレポート

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
天地を喰らうII 赤壁の戦い



■基本情報

【製品名】 天地を喰らうII 赤壁の戦い
【対応機種】 PS1/PS2(PS1互換)/PS3(PS1互換、ゲームアーカイブス)/PSP(ゲームアーカイブス)/PSVITA(ゲームアーカイブス)
【ジャンル】 ベルトスクロールアクション
【発売日】 PS1版:1996年3月22日(金)/ゲームアーカイブス版:2011年10月26日(水)
【価格】 PS1版:6,264円(税込※)/ゲームアーカイブス版:617円(税込)
※1996年当時の消費税率は3%。
【CERO】 B(12歳以上対象)
【プレイ人数】 1人~2人
【発売元】 カプコン
【公式サイト】 http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0102npjj00608_000000000000000001.html






カプコンお得意のベルトスクロールアクションゲームは、1989年の『ファイナルファイト』のリリースによって、他の追随を許さない確固たる地位を確立しました。

ちなみに同年のベルトスクロールアクションにはサン電子開発、セガから発売の『タフターフ』や、コナミ謹製の『クライムファイターズ』などががありますが、それらの出来を比較すると、いかにカプコンゲーの質が高かったかが分かろうかというものです。


カプコンはファイナルファイトでスマッシュヒットを打ち出した後、

・1991年……『ザ・キングオブドラゴンズ』『キャプテンコマンドー』

・1992年……『天地を喰らうII 赤壁の戦い』『ナイツオブザラウンド』

・1993年……『キャディラックス 恐竜新世紀』『PUNISHER』

・1994年……『ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ タワーオブドゥーム』『エイリアンVSプレデター』

などなど、名作を数多く生み出してきました。

しかし、『エイリアンVSプレデター』のように、権利関係の問題でコンシューマーゲームとして発売できない作品があり、そんな中でようやく出せたのが本作になります。

おそらくカプコンは『ストライダー飛竜』制作の時点で本宮ひろ志(モト企画)と懇意にしていたため、版権問題がさほど難しくなかったのだと思われます。


本作のストーリーは至極シンプル。

劉備玄徳配下にある5人の猛将を操作し、朝敵曹操孟徳を武力で打倒しようというゲームです。

曹軍100万に対し、こちらは5人(コンシューマーゲーム版は最大2人まで)で何とかしようというのですから、脳筋にも程があります。

その脳筋ゲームをノーミスクリアしようと思った自分もまた脳筋なのですが、ファイナルファイトでベルトスクロールアクションの虜になった自分が、まだ成し遂げられていないノーミスでの攻略をやるには手軽に遊べる本作しかないと思ったのです。

何しろゲームアーカイブス版で617円ですから、ワンプレー100円と考えた場合、7回遊べばもう元が取れます。


ただ7回プレイしたくらいでは、自分のような凡人にはハードモードでのノーミスクリアは不可能です。

なのでYouTubeに上がっている攻略動画や攻略サイトを参照し、ひたすらやり込み、1機ミスしたら最初からやり直しを延々と繰り返してきました。

1機ミスしてもそのまま続行すればいいと思うのですが、このゲームには救済措置があり、2機目が登場すると同時にボス(及び雑魚)の体力をある程度減らしてくれます。

一見有難いシステムですが、これでは自力でボスの体力を減らしたことにはならないので、仮にそのままボスを倒しても攻略したとは言えません。

なので1機ミスで即リセットです。

こんなことを繰り返しているうちにPSPのバッテリーが干上がり、バルク品のバッテリーを調達して再挑戦することになりました。

倒せども倒せども途中で行き詰まり、もはや越年も覚悟していましたが、先日ようやくノーミスクリアを達成できましたので、そのレポートを書きます。


続きを読む

【PSP】マグナカルタポータブル クリアレポート

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
マグナカルタポータブル



■基本情報

【製品名】 マグナカルタポータブル
【対応機種】 PSP
【ジャンル】 奥義覚醒(めざめる)RPG
【発売日】 2006年5月25日(木)
【価格】 4,800円(税抜)
【CERO】 12歳以上対象
【プレイ人数】 1人
【開発元】 SOFTMAX
【発売元】 バンプレスト
【公式サイト】 http://www.jp.playstation.com/software/title/uljs00042.html








日韓共作のRPGで、2004年に出たPS2版の移植版です。

人間とヤソンという人種間の戦争の中で、ヤソンに恨みを持つ一人の青年が、とある少女(?)と出会う物語。


クリアまでのプレイ時間は約76時間(うち、約2時間ほどがロード時間。誇張なし)

ゆったりRPGを遊ぼうと思ったら、肝心要の戦闘がリズムゲーだったので非常に辛かったです。

ぐるぐる回る○ボタン、×ボタンをテンポよく押して攻撃を成立させないと、なかなか戦闘が終わりません。

ボタンを押し間違えたり、押すのが早すぎたり、遅すぎたりすると、与えられるダメージが激減するわけです。

しかもラスボスに至っては相手の攻撃を逆手に取ってカウンター攻撃(これを夜叉モードと呼ぶそうです)しないと、まともにダメージを通すことができません。

カウンター攻撃も勿論リズムゲーで、ミスすると手痛いダメージを受け、最悪の場合は一撃死します。

他にも多々書きたいことはありますが、以上のことから、自分にとって戦闘は苦行以外の何物でもなかったです。


キャラクターデザインやグラフィック、音楽は良かったのですが、ゲームシナリオには若干説明不足な点が多く、主人公のカリンツが子供時代を回想するシーンでは一体何を言いたいのかさっぱり分かりませんでした。

というか回想のムービーは要らないから文章だけでチャッチャと説明してほしかったです。

メタルギアソリッドシリーズほどではありませんが、このゲームもちょいちょいムービーを挟んでくるのでその都度ロードが発生し、しかもそのムービーはボタンで飛ばすことが出来ません。

なので、長々しいムービーを見た後に戦闘で負けてゲームオーバーになってしまうと、また戻し作業のムービー鑑賞をしなくてはならなくなるわけです。

このゲームは負けイベントが多いのでこれも負けイベントだな、と思って手を抜いたら普通に殺されて泣くハメになります。

一番酷いのが強制電源オフで、ムービー→ムービーへのロード中に勝手にPSPの電源を落としやがりますので、2回やり直しをさせられた時はさすがに止めようかと思いました。

なぜムービー間のロード時間中に「頼むぞ……」と祈らなければならないのか、本当に酷すぎます。


出演キャラに当てている声優さんは豪華でした。

主人公のカリンツは保志総一朗さん、ヒロインのリースは堀江由衣さん、カリンツの上司であるアグレイアン将軍は森川智之さん、謎の組織に所属する人物には故・鈴置洋孝さんなど。

自分は声優さんに疎い方なので、調べ物をするまでは「この声聞き覚えあるな~」くらいにしか思いませんでしたが、いざ判明すると、よくここまで有名な方々を起用したものだと思います。

バンナムは元取れたんでしょうか。


クリアした後の感想は「もう二度とやりたくない」です。

ゲームそのものが嫌いになる前にクリア出来て運が良かったと思っています。

「強くてニューゲーム」などといった周回プレイなどといった気の利いた要素はありませんので、一度クリアしたらもう充分です。

またあの長ったらしいロードに付き合わされることを考えると、周回プレイしたいと思う人は多分いないのではないでしょうか……。

クリア後のおまけ要素としてギャラリーモードがありますが、特に興味は無かったので流し見して即終了。

もう自分のPSPにマグナカルタポータブルはありません。


どうしても遊びたいという人には止めませんが、新品で買うのはおすすめしません。

自分は中古ソフトを280円で買ったのですけれど、そのくらいが適正価格じゃないかと個人的に思います。


以上、『マグナカルタポータブル』のクリアレポートでした。








オススメ記事一覧

 

最新の記事(ランダム表示)
アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ