当ブログについて
ブログ名:究極ゲームまとめ
開設日:2009年1月20日


URL:
https://kyokugame.com/

RSS:
https://kyokugame.com/feed/

Twitter:@kyoku_game




2012年3月14日設置

最新コメント
ゲーム書籍・攻略本


新サイトに移転しました。お手数ですがブックマークの更新をお願いいたします。

移転先:「究極ゲームブログ」

Wargaming_Labs

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 14日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



宇宙の4Xストラテジーゲーム、『Master of Orion』プレイ日記14日目です。

13日目のプレイで我ら人類はメクラー族の領地を圧倒的な火力でもって攻撃し、総合スコアトップの座から蹴落とすことに成功しました。

メクラー族への攻撃と平行し、空き地になった惑星を植民地化して人口を増やしてきたのですが、入植した惑星が多くなるほど内政に使う時間もかかりますから、1ターンがもの凄く長くなります。

なので最近はダイジェストで記事を書いています。

終点の500ターンまでもう少し、最後まで気を緩めずに戦い、勝利を掴みたいところです。



続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 13日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



『スタートレック』の俳優が声の出演をしている4Xストラテジーゲーム、『Master of Orion』のプレイ日記13日目です。

『スタートレック・ニュージェネレーション』、『スタートレック・ディープ・スペース・ナイン』などでクリンゴン星人のウォーフ役を演じたマイケル・ドーン氏がアテレコをやっているそうです。

その様子はSteamのストアページにある紹介動画で確認できますので、よろしければご覧ください。


さてゲームの方は終盤戦に差し掛かってきましたが、12日目のプレイで宣戦布告した仇敵メクラー族との戦いは、クェック星域を奪取したところで足踏みしています。

というのもクェック星域の隣にあるオバカ星域にはメクラー族が大艦隊を構成して待ち構えており、戦略的撤退をせざるを得なくなったからです。

現有戦力の艦隊が全滅すると、あとはただ終点の500ターンまで負けゲームを眺めるだけになるので、こちらはさらに強力な艦隊を作り上げて物量で押すしかありません。

今はバトルシップ級を6機増産中ですが、状況に応じて、フリゲート級なども応援として追加します。

続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 12日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



遊び始めるとヤメ時が分からなくなる4Xストラテジーゲーム、『Master of Orion』のプレイ日記12日目です。

11日目では、人類はサイロン族を宇宙の覇者争いから脱落させ、ようやく上がり目が出てきました。


Master of Orion


現在総合スコアでトップを走るのは機械生命体メクラー族ですが、彼らは狡猾な外交手段で人類と不可侵条約を結び、ブルラシ族と武力で争っています。

この状態で不可侵条約を一方的に破棄して背中から襲いかかれば、もしかすると勝利を掴めるかも知れません。

ですが、今はまだ戦力が不足しています。

現在建造中のバトルシップ級4機が完成するまで、当面は水面下でのスパイ工作に徹します。

もうちょっと早くスパイを増やしておけばよかったかなとも思いますが、スパイ1人にも給料の支払いが発生しますので、そこは国庫とのご相談です。

続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 11日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



4Xストラテジーゲーム『Master of Orion』のプレイ日記11日目です。

10日目では、人類の艦隊はサイロン族に二度敗北するという屈辱を味わいました。

そうこうしているうちにメクラー族は着々と勢力を拡大させ、警備が手薄になった星域にもサックラ族が侵攻してくるなど、徐々にドツボにはまりつつあります。

ここから人類が逆転勝利するにはどうすればいいのか、頭をフル回転させなくてはなりません。


Master of Orion
いつの間にかサックラ族に追い抜かれている

続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 10日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion


ゲームが進むにつれて記事の内容が長くなってしまっている、4Xストラテジーゲーム『Master of Orion』のプレイ日記10日目です。

9日目では、人類はサイロン族に苛烈な攻撃を加え、領地を少しずつ広げていきました。

そんな中、宇宙を放浪していた偵察艇は、新たな異種族のルシャン族に出会い、これで役者が揃いました。

ここで、改めて勝利条件を確認してみます。

Master of Orion


機械生命体メクラー族が、ブルラシ族を追い抜いて総合トップに立っています。

このままでは負けてしまいますので、戦力が整い次第、サイロン族殲滅と平行してメクラー族にも攻撃を行い、国力を削いでいきます。

現在クルーザー級×4機を建造中ですので、これが主力艦隊として活躍してくれることを期待するのみです。

続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 9日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



思わずもう1ターン遊んでしまうストラテジーゲーム、『Master of Orion』のプレイ日記9日目です。

8日目では、人類の仇敵サイロン族に反撃するところまで進めました。

この艦隊が全滅すると、もう手持ちの戦力はありません。

果たして勝利を掴むことができるでしょうか?


と、その前にやることが二つあるので、先に済ませておきます。

一つ目はにサックラ族から送られてきて、また捕獲したスパイ「ブラボー」の解放交渉です。

解放と引き換えにもらえるお金は少ないですが、これがボディブローのように効いてくることを願うのみです。

Master of Orion
割といい条件を引き出せました

続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 8日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



4Xストラテジーゲーム『Master of Orion』のプレイ日記8日目です。

4Xは、ストラテジーゲームのサブジャンルの一つ。ストラテジーゲームの中でも、"eXplore":探検、"eXpand":拡張、"eXploit":開発、"eXterminate":殲滅、の4つの性質を兼ね備えた作品を指す。

出典:Wikipedia


今は殲滅以外の3Xしかやっていませんが、我ら人類が宇宙の覇者に君臨するには、やはり異種族を殲滅してご退場いただくしかないのでしょう。

総合的なスコアでの勝利に必要な条件の一つとして「征服」が含まれていますので、やっぱり武力衝突は避けられません。

もう異種族との対決に臨むべきか、まだ力を蓄えるべきか、ものすごく悩む時期までやってきました。


このゲームを遊ぶきっかけになったPSPのバッテリー代替品はすでに手元に届いたのですけれど、中途半端にやめるわけにはいかないので、このまま最後まで進めていきます。

いつも長々しい記事で恐縮ですが、よろしければお付き合いください。


続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 7日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



2980円あれば誰でも宇宙の支配者を目指せるゲーム『Master of Orion』のプレイ日記7日目です。

ゲームを始めてから80ターンの間、ストライキを起こさせなかったということで、「ペロン主義」という実績が解除されました。

どういうことかよく分からないのでググってみますと、ペロンとは、アルゼンチンの元大統領フアン・ドミンゴ・ペロンのことを指しているようです。

彼が労働福祉庁の初代長官に就任した際、労働争議において、労働者に有利な裁定を行ったことが評価されていることから、「ペロンは労働者の味方」というイメージでペロン主義とつけたのでしょう。

たぶん。


そんな前置きはさておいて、6日目で書ききれなかった分の補足から書いていきましょう。

Master of Orion


研究は順調に進んでいます。

深宇宙探索の研究で得られたものは民間輸送船(植民地化した惑星に人を送り込む。非武装船)、コロニー・ベースのふたつです。

民間輸送船は、母星のソルIにおいて人口が飽和しだい、建造しては他の惑星に送り込みます。

コロニー・ベースは、コロニー艇が居住不可能な惑星に入植する際に必要な施設で、何もしなくても食糧生産に+1のボーナスつきます。

人類が生きて行くには厳しい環境の惑星も多々ありますから、こういう施設は重要ですね。

深宇宙探索の次は、デストロイヤー級よりも重装備が可能になるクルーザー級の建造を目指して高等工学の研究に取り組ませます。

続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 6日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



宇宙の支配者を目指すストラテジーゲーム『Master of Orion』のプレイ日記6日目です。

まずは5日目で書ききれなかった分の補足から。

Master of Orion


遺伝子工学の研究が完了し、クローン・センターマイクロバイオティクスの二択から、どちらかを選択するよう迫られました。

マイクロバイオティクスは全コロニー(支配下にある全惑星)で+15%の人口の増加ボーナスが付きます。

ですが、自分が目指していたのはクローン・センターの建造であり、こちらは一度建ててしまえば人口の増加ボーナスが+25%という大きな成果が望めますので、迷うことなくこちらを選びます。

研究、食糧(人口の増加)、製造のどれをやるにもまずは人、人、人(とお金)です。


続きを読む

【Steam】管理人の『Master of Orion』プレイ日記 5日目

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(ゲーム)へ
2017-04-21_master_of_orion



宇宙の覇権を争うストラテジーゲーム『Master of Orion』のプレイ日記5日目です。

4日目では、新たな異種族「メクラー・コンバイン」と遭遇してしまったので、一度マップを広げて勢力図を確認しておきましょう。

Master of Orion


一旦偵察艇を引き返させてしまったので全貌は分かりませんが、とりあえず、赤枠で囲った星域がメクラー・コンバインの主張する領地のようです。

オバカ星域の惑星を植民地化させなくてもテリトリー扱いされているのが不思議ですが、星域の境界で宇宙工場が何やら建造していたので、事実上の領地と化しているのかもしれません。

彼らが力をつける前に叩いておくか、中立的な立場でしばらく様子見するべきか、悩みどころです。


続きを読む
オススメ記事一覧

 

最新の記事(ランダム表示)
アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ